任意売却 大阪|住宅ローンの返済、滞納、差押、競売開始決定問題解決の相談窓口 | 守口市、大阪市旭区の不動産は仲介手数料無料の関西エステート

関西エステート

守口市、大阪市旭区の不動産は仲介手数料無料の関西エステート

住宅ローンの返済、滞納、延滞、差押、競売開始決定でお悩みの皆様に無料で問題解決のご相談をお受けしています。ご自宅が競売になる前に、あなたに有利なように一緒に問題を解決して行きましょう。                悩んでいずに一歩踏み出してご相談ください。親切丁寧な対応を心がけています。  

 

   ・収入の減少で、住宅ローンの支払いがやっていけるか心配だ…

  ・リストラにあってしまった…

  ・返済が負担になっている…

  ・すでに返済が遅れている…

  ・督促状が届いている・・・

  ・差押になった・・・

  ・競売開始決定通知が送られてきた・・・

  ・自己破産を考えている・・・

 

 このような問題でお悩みではないですか?


任意売却という解決法があるのをご存知ですか?

 

 皆様のご希望を優先して、問題を解決するためのご提案をさせていただきます。
 
 無理なご提案はいたしません。 
 
 安心してご相談ください。 
 

 

住宅ローンの返済ができなくなってきて、自宅を売ってローンを返して問題を解決しようと思っても、

売れる金額よりローンの残高の方が多い

売れた場合、ローンの残額に不足する現金を用意することができない

でも売ってローンを返済しないと、この先の支払いは無理だ

 すでに返済不能になっている方

競売開始決定通知が届いている

という方のために、金融機関が用紙してくれている問題解決のための救済方法です。 

通常であれば、 自宅を売却しようと思えば、売却してローンの残額全部を返済しないこととには売却ができません。

これは、ローンの借り入れをする際に登記されている、

  ・抵当権

  ・根抵当権 

という担保の設定があるためです。 

借入者が返済不能になった場合の担保として、万が一に備えて登記をしているのです。

この登記をしておくと、借入者が返済不能の状況になった場合、いちいち借入者(所有者)の許可などもらわなくても、裁判所に不動産競売を申立て、強制的に処分してお金を回収できるのです。

通常は、これらの担保設定が登記されていると、お金を全額返さないことには登記を消してくれません。

 不動産を売却する場合は、登記されている担保設定を消さないと購入してくれる人はいません。購入する人から見れば、他人がお金を借りたその負担がついたものを買おうなどとは思いません。

売れる金額よりも、ローンの残額が多い場合、売るに売れないというのは、この担保権の登記を消してもらえないからなのです。

 しかし、借入者が住宅ローン破たんして、金融機関が担保権を実行して競売で処分し、ローンの残額全部が回収できなくてもこの「抵当権」や「根抵当権」を消して購入者に引き渡します。

これを、競売市場で処分するのでなく、一般市場で売却すれば、高く売れ、お金がたくさん回収できます。

何にしても全額の回収ができないのであれば、少しでも多く回収できる方を選びますよね。

全額回収ではなく一部の回収しかできないにもかかわらず、担保権の登記を消してくれ、売却ができるようにしてくれる、住宅ローン破たんした方に用意してくれている問題解決の救済方法、これが『任意売却』なのです。

 

 

任意売却で売却すると、

  ・競売よりも高く売れたくさんのお金を返済できるので、残債務が少なくなる。 

  ・競売では出ないが、引っ越し代を手当てしてもらえる。 

  ・残債務の返済ついての相談を柔軟に聞いてもらえる。

  ・役所の差押えがあれば、解除のために滞納分の一部金を出してもらえる。

  ・競売は、あなたの経済状況が公開されてしまいますが、任意売却はされません。 

などのメリットがあります。

競売で処分された場合は、引っ越し代は、買受者の意向によりますが、競売の法律が整ってきて最近は出してくれない傾向が多いようです。 

 

 

売却した金額を返済して、返せない部分のお金は残債務として残ります。

勘違いされる方がいらっしゃいますが、任意売却すると、返せない部分のお金も、いきなりなくしてくれるということはありません。

売却後は、金融機関と相談して、生活に支障のない範囲で少額の返済をしていくことになります。

借り入れた金融機関によって処理のされ方に違いがありますが、政府系金融機関以外は、多くは残債務をサービサーに売却することが多いようです。

サービサーにあなたの残債務が売却されると、返済について、あなたにとても有利な提案があることが多いです。

 

 

競売と任意売却の違いを比較してみてみましょう。

     競 売                        任 意 売 却

・競売価格で売却(市場価格の約7割)         ・ほぼ市場価格で売却

・残債務が多く残る                    ・残債務が競売より少なくなる

・所有者の意思は関係ない               ・所有者の意思で売却できる

・所有者の経済状況が公表される           ・所有者の経済状況は公表されない

・手続きは法律にのっとり事務的に執行        ・手続き的には一般売買と同じ

・引っ越し費用は出ない場合が多い          ・引っ越し費用を出してもらえる場合が多い

・強制執行で追い出される場合がある          ・自分で引っ越しできる

 

 

まず、相談は『一切無料』です。

フリーコールですので、電話代の心配もありません。時間をきにせず、納得のいくまでご相談ください。

メールでのご相談も無料です。安心してご相談ください。

相談して納得して、依頼をしても費用は発生しません。

依頼を受けると販売活動を始めますが、広告費用等も一切発生しません。

費用が発生するのは、購入希望者があらわれ、売買契約を締結すると、

   ・仲介手数料

   ・引渡しをするための登記費用 

が発生しますが、これらの費用は、売却代金の中から金融機関が出してくれますので、あなたがお金を持ち出して負担することはありません。

役所の差押が登記されている場合、解除するための一時金も売却代金の中から出してくれます。

あなたのご自宅がマンションの場合、

   ・管理費

   ・修繕積立金

などの滞納金も、売却代金の中から金融機関が出してくれます。

 

あなたがお金を持ち出して負担するのは、売買契約締結後、引渡しをするために必要な

   ・住民票

   ・印鑑証明書

   ・固定資産税評価証明書

を取得するための少額の費用だけです。

 

 【任意売却の流れ】

 

1.まずはお問合せください。

 電話、またはWEBからお問合せしていただき、あなたの今の状況をお聞かせくださ
 い。そして、ご希望をお伝えください。

2.物件査定のためにご自宅に訪問させていただきます。

 このときに電話・メールだけでは話せなかったこと、質問などお聞かせください。

3.納得したらご依頼ください。

 専任媒介契約を結んでいただきます。

4.販売に向けて詳細に物件の調査をします。

5.債権者(金融機関)と任意売却についての話し合いを始めます。

 任意売却についての承諾を得るために交渉し、必要な書類を作成し、債権者に送付します。

6.販売活動開始

 債権者の承諾が得られたら販売活動を開始します。
 早くに購入希望者が現れる場合もありますが、時間がかかる場合もあります。
 流通機構への登録、インターネット、折込広告、情報誌などの媒体をフルに活用し、早
 期売却を目指します。

7.売買契約締結

 購入希望者が見つかったら、債権者に報告し、配分表などを作成して承諾を得ます。そ
 して、購入希望者との売買契約を締結していただきます。

8.残代金決済、引渡し

 買主様から残代金の支払いを受け、債権者に返済をし、抵当権の抹消、費用の清算、
 競売の取り下げなどをおこないます。このとき、債権者から引っ越し費用などの支援金を

 受け取ります。

 残債務の返済についてもこのとき話し合います。

9.お引渡し

引越しをして、お引渡しをします。 

10.再出発のスタートです。

 問題が解決され、スッキリしてのスタートです。

 

大阪市、北区、福島区、西区、中央区、浪速区、生野区、東成区、城東区、鶴見区、旭区、都島区、東淀川区、淀川区、西淀川区、港区、大正区、此花区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、天王寺区、阿倍野区、西成区、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、交野市、四条畷市、大東市、吹田市、摂津市、豊中市、箕面市、高槻市、茨木市、三島郡島本町、池田市、東大阪市、八尾市、松原市、柏原市、堺市、富田林市、藤井寺市、羽曳野市、河内長野市、大阪狭山市、高石市、和泉市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、泉南郡、泉北郡、南河内郡など大阪の任意売却は、センチュリー21関西エステートにご相談ください。

任意売却サイトもご覧ください! http://www.ninbai-o.net/


最近見た物件 (0)